本の時期

本を読むと楽しい時期が来た。一年ぶりくらいかもしれない。一冊から一冊へジャンプしていくことは楽しい。わたしにとってすぐれた一冊はわたしにとっての索引である。